日本百名山でもある筑波山。登りやすい山でもあるため初心者からベテランまで多くの登山客が訪れる名峰です。登山の後には温泉に入って汗を流したいものですが、筑波山の麓には筑波山温泉が湧いているので登山が終わったらすぐに汗を流せるのも筑波山登山の魅力です。

そこで今回は筑波山温泉のオススメ3選と+2を紹介していこうと思います。



創業390年の伝統と格式がある「筑波山 江戸屋」


由緒正しい筑波山神社の鳥居からすぐのところにある「筑波山 江戸屋」。創業されたのは390年前の江戸時代という伝統と格式のある日本旅館です。

温泉はpH10.18と非常に高いアルカリ性のため美肌効果や神経痛、関節痛にも効くといわれています。手つかずの自然をそのまま残した庭園を見ながらの岩風呂の露天風呂、広々としてゆったりと湯浴みできる大浴場の2種類があります。
sec_point_04_img02

          公式サイトより
sec_point_04_img01


お風呂から上がりましたら、和風クラシカルモダンの雰囲気の中露天風呂からも見える手付かずの庭園を見ながら、湯上がりの時間を満喫することができます。足湯(宿泊者は無料)があったり、ラウンジがあるので飲み物も注文できたりします。

sec_point_01_img02

筑波山江戸屋のラウンジでいただけるコーヒーは敷地内の井戸水を使っており昔から万病に効くといわれているみたいです。

ただ、残念な点は筑波山江戸屋のお風呂からは関東平野を一望はできないのと、タオルはありますがバスタオルはありませんのでバスタオルで身体を拭きたい方はバスタオルを持参したほうがいいでしょう。

こんなかたにオススメ
・自然の中でお風呂に入りたい
・湯上り後ゆっくりしたい

こんな方は不向き
・お風呂に入りながら絶景を楽しみたい
・バスタオルで身体を拭きたい


料金1200円(タオル付き)
営業時間AM11:30~15:00


関東平野を一望できる展望風呂がある 筑波山ホテル青木屋


筑波山神社の参道の1番奥にあるのが「筑波山ホテル青木屋」です。筑波山ホテル青木屋はもともとお土産屋だったのですが温泉が湧き出たことによって温泉宿に変わったとのことです。

筑波山ホテル青木屋の特徴はホテル最上階から眺める大展望風呂。

筑波山は登ると関東平野を一望できるのですが麓からでも負けず劣らず関東平野を一望できます。
近郊の霞ヶ浦や関東平野のだだっ広さは勿論見えますが、東京スカイツリーや幕張や新宿の副都心、丹沢山系や遠くは富士山までみえます。

泉質はこんな感じです。
DSC_0619

ロッカーとかはないので貴重品は貴重品BOXにいれましょう。
DSC_0621

大浴場は広くてゆったりできます。
DSC_0620


シャンプー類は筑波山温泉の日帰り入浴施設の中で1番好きな香りでした。みかんの匂いがするいい香りです。また、筑波山温泉では少ないサウナがある(男性のみ)のでサウナーにもありがたい。

露天風呂へは男性の場合は一度着替えて移動する必要があります。どちらにもシャワーブースとコインロッカーがあるのでどちらから入ってもよいでしょう。

露天風呂からはより一層絶景を楽しめます。大浴場と比べるとこじんまりしているので時期や時間によっては混雑しそうですが、風が気持ちよかったです。

20171218-1100-4-tsukubayamaonsen-higaeri

          ホテル公式サイトより

ただ、温泉は地中深くから湧き出てくるものです。それを1番上まで持ってくるということはその分だけ泉質が落ちてしまうことがあります。大した差ではないかと思いますが気になるかたは気になるかなと。

こんなかたにオススメ
・展望風呂に入りたい
・(男性のみ)お風呂にはサウナがないとだめというサウナー

こんなかたは不向き
・泉質が少しでも気になる
・(男性のみ)露天風呂に移動するのに着替えるのが面倒くさい

料金1100円
営業時間12:00~15:00
備考タオル100円、バスタオル150円

筑波山ロープウェイから直接いける唯一の宿 筑波山京成ホテル


筑波山江戸屋も筑波山ホテル青木屋もどちらも筑波山神社やケーブルカー駅に近く筑波山への登山道の御幸ヶ原コースと白雲橋コースからなら行きやすいのですが、もうひとつの登山口と筑波山ロープウェイの駅があるつつじヶ丘にあるのが「筑波山京成ホテル」です。

つつじヶ丘にある日帰り入浴施設は筑波山京成ホテルのみなので、つつじヶ丘に下山した場合はここ一択になります。

筑波山京成ホテルも眺望自慢の宿ですのでお風呂からは関東平野や霞ヶ浦がみえ眺望も素晴らしいです。

0a4caa0c62a7b56e7456082bea401f99-600x400

760078a2df417eef51afec5747a488d4-600x400
       公式サイトより

露天風呂も内風呂もそれなりに大きくて混雑して入れないなんてことはないかなと思います。また、薬湯もあり肩こり腰痛に効くみたいなので登山で疲れた身体を癒やしてくれることは確実です。

4a8566b3dbeaa97c5fdc59e228e5b53d-600x400
       公式サイトより

お風呂を上がった後は、無料の筑波山の天然水で身体をさますこともできます。

つつじヶ丘からつくば駅に向かうバスの始発なので帰りに立ちっぱなしで帰らないといけないなんてことはないので、江戸屋や青木屋で日帰り入浴するより確実に座っていけるでしょう。

欠点はほぼなく休憩室がちょっと狭いのと、つつじヶ丘には観光客向けの施設がドライブインぐらいしかないぐらいでしょうか?

こんなかたにオススメ
・つつじヶ丘に下山した方
・帰りも確実に座って帰りたい方

こんなかたは不向き
・湯浴み後はゆっくりしたいかた
・湯浴み後観光したいかた


料金1000円
営業時間11:00~16:30



筑波山温泉で他にもあるつくばの入浴施設2つ


筑波山温泉は温泉宿の日帰り入浴のため、時間がお昼時に限られてしまいます。午前中に登っておけば間に合うのですが、少しでも遅い時間になってしまうと営業終了なんてこともあるでしょう。

そこで筑波山温泉周辺にある題名の+2の紹介をします。筑波山からは少し離れているのですがどちらも朝から夜まで行っているので朝早く筑波山に登ってまったりするもよしですしナイトハイク後にササッと入るのもよしです。

・岩盤浴が楽しめるオトナの空間 つくば温泉喜楽里別邸

つくばエクスプレスの研究学園駅から歩いて10分とちょっと遠いのですが、ゆったりとした湯浴みができるのがつくば温泉喜楽里別邸です。木々に囲まれた空間で多彩なお湯でゆったりできますし、岩盤浴も併設されています。カフェやレストランお休み処もあるので1日ゆったりできますし、未就学児童は入店不可なので落ち着いてお風呂に入ることができます。
朝は9時から夜は24時まで営業していますので朝早くから登った後に岩盤浴で1日まったり過ごすのもよし、筑波山からの夜景を見た後にふらりと寄るのもいいですね。

つくば温泉喜楽里別邸についてはこちらに詳細の記事を書いています。


・740円でプールもジムもお風呂も入れるつくばウェルネスパーク

つくばウェルネスパークは筑波山からつくば市街方面に向かう途中にあるので車でも行きやすく、バスでも1回の乗り換えでいけます。つくばウェルネスパークはつくば市の公共施設であり、隣にはサッカーグラウンドやランニングコースがあるスポーツ施設となっています。

つくばウェルネスパークは利用料金740円でプールもジムもそして入浴もできる施設です(もちろん全部使わなくても大丈夫)。なので、筑波山登ったあともうちょっと身体を鍛えたい場合にはもってこいです。

お風呂はごみ焼却施設の熱を利用したものなので温泉ではないのですが炭酸泉もあります。夜10時まで営業しているので筑波山から夕焼けや夜景を見た夜にトレーニングや入浴もできます。

私のオススメは・・


筑波山に4回登って、毎回温泉に入っている私が1番オススメするのは筑波山京成ホテル です。展望風呂からは霞ヶ浦や東京スカイツリーなどが一望できますし、帰りはバスに確実に座って帰れるのが1番の魅力ですね。

その他のホテルや施設もそれぞれの魅力がありますので筑波山登山で毎回違うところで温泉に入って汗を流せたらまた違った筑波山登山になるのではないかなと思います。

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村